10周年記念



「第10回日米ユースフォーラム」

高円宮妃殿下 記念誌へのお言葉

早いもので、本年、日米ユースフォーラムが10周年を迎えました。おめでたいこととお喜び申し上げます。
発足されて以来、私は多くの優秀な学生がパネリストとしてこのフォーラムで自分の考えを述べる姿や、日本としてはいまだ珍しい、青年と社会人の世代を超えた交流と意見交換を興味深く拝見拝聴してまいりました。国交間での難しいテーマであっても、青年同士は、相手に配慮しながらも自分の意見を堂々と述べ、フォーラムを通して一所懸命に互いを理解し、垣根を超える努力をすること、さらには、互いの意見や解釈が違うことを尊重できます。現実の社会ではほかの要素が入ってしまい、なかなか解決しないさまざまな課題に対して、その本質を見極めた意見が発信されことも多く、実に頼もしいと感じます。
このフォーラムは、日米学生会議(JASC)の卒業生の発案により設立されました。日米学生会議とは1934年に当時悪化する両国政府の関係を危惧した学生たちが日米間の理解と友情を深めようと理想に燃えて設立されたものです。80年の長きに亘り二国間に不可欠な交流プログラムとして両国の相互理解と友好協力関係の増進に多大な貢献を続けており、特に、日米の次世代のリーダーを育成する場としても重要な役割を担ってまいりました。日米学生フォーラムは日米学生の声を世界に発信し、将来のリーダーを育む新たな場として、JASCジャパンと日米協会を中心に発足し、その後フルブライトジャパンが加わりました。その後に外務省及び米国大使館の後援、多くの企業や団体の協賛とご支援を頂くようになりました。
私たちを取り巻く社会情勢は変化いたします。その年に学生が討議するに相応しいテーマは世界の急速な拡大と変化に伴いグローバル化しており、日米を超えた視野を持つ事が以前にも増して重要と思われます。そこで、本フォーラムは時代の波を乗り越えてきた中立的な日米青年の友好のモデルを世界へとに広げる事に着目し、新たな展開として、日本やアメリカ以外の国からのパネリストを招待して課題を討議する場を設けました。
 この10年間、本フォーラムの開催に尽力されてこられた方々に心より敬意を表するとともに、広く発信をして、より多くの方のご支持をいただければ幸いです。今後も、このフォーラムが世界をキラリと照らす存在として永く続く事を心より願っております。

   

Congratulatory address

                        H.I.H Princess Takamado

This year marks the tenth anniversary of the Japan-America Youth Forum and I take this opportunity to offer my sincere congratulations.

Over the years, I have observed many able students give presentations at the forum and exchange views with those far surpassing them in age – something that is rarely done in Japan. I have watched young people state their views clearly, even when it is a topic that concerns difficult issues between their respective countries, and they have done it in ways that show consideration for others. It seems that through the forum, they sense the need to overcome barriers and to respect differing opinions and interpretations, and they try their utmost to understand each other. It is really encouraging to see students voicing clear opinions and getting to the heart of issues that never get solved in the real world because of other complicated factors that cloud and obstruct the way.

The Forum was set up by people who had experience of the Japan-America Student Conference, an organization that was initiated in 1934 by university students who were anxious about the breakdown in bi-lateral relations between the U.S. and Japan, and passionately believed in the importance of friendship and understanding between the two nations. For over 80 years, JASC has contributed greatly in the promotion of mutual understanding and friendly cooperation between the U.S. and Japan through its exchange program and has played an important role in providing valuable learning experiences for our future leaders. The Japan-America Youth Forum was initiated by JASC Japan and the Japan-America Society, and later joined by Fulbright Japan, with the aim of nurturing young leaders by providing them with opportunities to voice their opinions to the world. It now has the support of the Ministry of Foreign Affairs and the American Embassy, and is sponsored by several major companies and organizations.

In the present international environment, it has become more important than ever to have an outlook that encompasses a vision that is wider than just U.S.-Japan relations. So the Youth Forum has chosen to focus on the essential spirit of dialogue that was initiated by Japanese and American students, and which saw us through difficult times in our bi-lateral relationship, and has expanded this model to include other nations. The Youth Forum now reflects our rapid globalization and includes students from a wide selection of countries, discussing themes and issues that cover a wider spectrum.
 I commend the efforts of all those who have been involved in the U.S.-Japan Youth Forum over the last 10 years and take this opportunity to hope that the voice of the Forum will be heard by many and that many will share your vision. I do hope that this Forum will continue to be a light in the sky, showing us the way in which our path lies.
Many congratulations on your 10th anniversary.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日米ユースフォーラム10周年記念誌 増補版に寄せて

柳井俊二  元駐米大使 国際海洋法裁判所判事

 日米両国の関係が悪化しつつあった1930年代、何とか日米関係の悪化を食い止めて好転させ、相互理解を深めようと両国の学生が日米学生会議を立ち上げました。この精神は、第2次大戦後も日米の有志によって引き継がれ、特に2005年からは、日米学生会議の同窓会、日米協会及びフルブライト元研修生達の協力も得て、日米ユースフォーラムが活動を開始しました。それ以来、日米ユースフォーラムは、高円宮妃殿下、山本東生代表理事をはじめとする多くの方々のご支持とたゆまぬご努力により、所期の目的に沿った業績を積み重ね、昨年10周年を祝いました。その間このフォーラムは、日米学生会議以来の実績を継承しつつも、地球環境問題やエネルギー問題の深刻化、情報化社会の出現、中国の台頭を巡る東アジアの変貌、更には自然災害の激化等に照らし、日米二国間関係からグローバルな関係に視野を広げ、パネリストにも日米のみならず、アジアや欧州の学生達も加えるようになって来ました。

 私は、光栄なことに、故鈴木忠雄初代会長の後を受けて二代目の会長にならないかとのお話があり、これを喜んでお引き受け致しました。然るに、この3年半の間は、国際海洋法裁判所の所長として、また、所長の任期を超えて続いた裁判の裁判長として、ハンブルクに常住しなければならなかったため、東京におけるフォーラムの活動に十分な参加をすることができず、内心忸怩たるものがありました。特に、昨2014年12月の第10回フォーラムに出席できず、皆様に直接ご挨拶することができなかったのは残念でした。本年からは再度東京在住となり、裁判所の仕事は出張の形で継続することになりましたので、フォーラムの活動に参加しやすくなりました。フォーラムの主な活動は、年末の学生によるパネル・ディスカッションと年前半の学生激励講演会ですが、本年6月7日には講演する機会を得て、学生諸君や志を同じくする社会人達と意見交換をすることができました。最近、日本の学生達は内向きだとしばしばいわれますが、講演の後の意見交換の機会に接した学生達は、はっきり意見をいい、手応えのある反応を示してくれたので、心強く感じました。

 地球環境問題や今なお存続する多くの国家間紛争に加え、一層激化する無差別テロ活動等、世界は益々困難な多くの課題に直面しています。このような課題の解決には、これからの世界を担う多くの国々の学生達の英知を結集する必要があります。更に、課題の解決に留まらず、新しい文化を生み出すためには異文化間の交流が不可欠だと思います。このことは、世界の歴史が証明するところであり、身近な我が国の例を見ても明らかです。古代や中世における中国や朝鮮半島、戦国時代以降のポルトガルやオランダとの交流、幕末の明治維新と開国、そして第二次大戦での敗戦とそれに続く大改革等を通じて我々日本人は、変化する状況に順応しつつ新しい文化を生み出して来ました。このような異文化交流は、時には平和裏に、また、時には痛みを伴う激烈な形で行われました。然るに、戦後の復興と高度経済成長を遂げた後、わが国民はともすれば現状に満足し、内向きになりがちです。今こそ、日本の学生諸君には、奮起して同世代の多くの国々の若者達と異文化交流を積極的に進めてもらいたいと切望します。さもなければ、我が国全体が「ガラパゴス化」する危険に瀕しています。このような意味で、我々のフォーラムは、よりグローバルに視野を広げ、アニュアル・ユース・フォーラムとして、世界の課題の解決と新しい文化の創出に少しでも貢献したいものだと思います。今後とも皆様のご理解、ご支援とご協力をお願いして、次の10年間に向けてのご挨拶とさせて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第10回記念レセプション