ユースフォーラム・ジャパンについて


ユースフォーラム・ジャパン(Youth Forum JAPAN)は2010年4月に誕生した青年の国際交流支援を目的とする新しい草の根団体です。日米ユース・フォーラム(2005年創設)の実行母体であった「JASCジャパン」の正式名称変更(2009年度末に日米学生会議同窓会へ)の結果、新団体を創設してユース・フォーラムを中心とする学生支援事業を引き継ぎました。

日米以外の国々の近年の急成長を含むいわゆるGlobalizationにより、多くの重要な問題は日米間だけでの討議では充分とは言えなくなりました。青年の将来への課題や目標は多様化しつつあります。日米ユースフォーラムには数年前からアジア、欧州からのパネリストが参加してきましたが、今後も日本、アメリカ以外の国々からの青年を積極的に誘致し、新しい世界での青年の課題に取り組んで行きたいと思います。

新団体は日米を越えて世界へ、Bi-lateralからMulti-lateralに、世代間の交流の促進などをモットーとして皆様と共に歩んで行きたいと考えます。

About Youth Forum Japan

Youth Forum JAPAN is a grassroots organization founded in April 2010 with its aim focused towards supporting the global interaction of youth. Youth Forum JAPAN has renovated from its former alumni organization of JASC, “JASC Japan,” to focus on supporting youth and students, with its main activity represented by the U.S.-Japan Youth Forum (founded 2005).
With the interconnected world rapidly changing, dialogue between Japan and the US is not enough to tackle global issues, where goals and concerns of the young generation is diversifying as well. In our U.S.-Japan Youth Forum, we have invited student panelists from Asia and Europe, and we prospect for more and continuous diversity in our interaction to tackle issues from a broader and global perspective.

Our new organization leaps from U.S.-Japan to a global perspective, bi-lateral to multi-lateral, and across generations as well. With these mottos, we will take initiative to act, and hope to progress with your support and understanding.
  

活動内容

  1. 日米ユースフォーラムの実行母体
  2. 青年の国際交流支援(含日米学生会議)
  3. 講演会など各種イベントの適時実行
  4. その他国際親善への案件開発
  5. 震災復興支援の取り組み
  6. ●東日本大震災復興支援の取り組み
    Youth Forum JAPANでは東日本大震災の復興支援に向け弊団体有志による義援金を募り、
    2011年5月末に合計 325,000円 を日本赤十字社経由で寄付致しました。
    震災で被災された方々へ謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。
    義援金寄付者
     柳井俊二
     山本東生
     古澤昭子
     進藤哲夫
     木ノ上高章
     松本秀也
     井上琢郎
     梯久美子
     小松としゑ
     西脇博
     羽深隆
     藤巻裕之
     Paul McCarthy
     孫崎享
     森永尭
     河原田有一
     佐野光質
     細野恭一
     山本真郷
     波多野綾子